So-net無料ブログ作成
-| 2011年06月 |2011年07月 ブログトップ

宅建問題演習 宅建合格には苦手分野は捨てるべし!レビュー くちこみ 合格実績 [宅建合格のための合理的勉強法]

苦手分野は学習しない超効率重視で手っ取り早く宅建に合格するための学習法の紹介です。

たとえば、宅建取得のための勉強法で、
法律用語が難しくて中々理解できないと思う。
試験範囲が広くて勉強が追いつかないと悩んでいる。
ここは苦手だな・・・と思う科目がある。
できるだけ【無駄な時間】をかけずに合格したい。
「資格スクール」に行こうとも思ったが、そんな時間もお金ももったいないと思う。
宅建合格は独学では難しいと思った。

そんなあなたに「手っ取り早く」宅建合格するための学習法を伝授いたします。
この学習法は数多くの受講生が実践し、宅建試験に合格した方法です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
宅建問題演習 宅建合格には苦手分野は捨てるべし!

苦手分野は学習する必要がないってホントかよ!
そう思われましたか?

では検証してみましょう。

宅建試験に合格する学習法として、有名なのは
・とにかくテキストを暗記するほど読む。
・過去問題を暗記するほど解き続ける。
ということではないでしょうか?
確かにあの分厚いテキストを暗記したら、また過去10年分以上の問題を暗記したら間違いなく合格するでしょう。
しかし、そんなに時間に余裕がありますか?
・「宅建には合格したいけど、時間がない」
・「スクールには行きたいけど、そんな余裕もお金もない」
・「そもそも、暗記するのは苦手だ」
あなたもこんな気持ちになったことはありませんでしょうか?
つまり、暗記で合格するという方法は、時間があり余っている人しかできない非現実的な方法なのです。

まず、これから宅建の学習をはじめようとする方、もうはじめている方すべての方に伝えたいことがあります。
ちょっと極端な言い方かもしれませんが、それは宅建に合格するなら今すぐ苦手分野の学習はヤメロ!ということです。

考えてみてください・・・
国家試験って、元々満点なんか取る必要ないでしょう。
なので、割り切りましょう!
【完璧に理解する】ことは短時間では不可能です。
ですから各分野の中から【試験に出る範囲】を選び、徹底的に学習すればいいのです。

あなたも短期間に効率良く宅建試験に合格しませんか?
この宅建学習法は何も難しいことはありません。
誰にでもできる簡単な方法です。
おおまかに言うと、たった4つのことをやっていただくだけです。

このプログラムの「宅建に合格する4つのステップ」とは
1.合格マニュアルで出題される分野を【サラっ】と学習する。
2.一問一答で、基本事項を忘れないようにする。
3.ある方法を使って試験問題を解き 問題の解き方を身につける。
4.問題演習を行い、疑問点を合格マニュアルで確認する。
・・・・たったのこれだけです。

法令知識なんか全く無い15歳でも一発合格した勉強法です。

もっと詳しい内容はこちらからご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
宅建問題演習 宅建合格には苦手分野は捨てるべし!




よろしければ、こちらの情報もご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
短期間合格『二級建築士 最短合格マニュアル』レビュー
新TOEIC 攻略【林式】初めての新TOEICスピード600 実績 効果 レビュー くちこみ
音速パソコン教室【Office2007ゴールド】コース レビュー くちこみ 評価 感想
電験三種(電験3種)専用数学基礎DVD講座 合格への近道 レビュー クチコミ 感想 評価

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

-|2011年06月 |2011年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。